※約40年振りとなる修復事業『平成ノ大造営』

平成33年迄、約10年をかけて当大社を構成する三宮(沖津宮・中津宮・辺津宮)諸施設の修復事業を行う『平成ノ大造営』が、本年(平成25年)より開始されました。
これにより総社・辺津宮の本殿と拝殿は覆いがされ、約1年をかけての修復に入っており、平成26年12月迄は仮本殿にて御参拝頂いております。(修復中の本殿・拝殿=表紙左/仮本殿=表紙右)

神郡宗像


宗像歴史観光ボランティアの会HPへ
  短歌大会
 

新着情報

平成26年7月15日
祇園祭(境内末社)
平成26年8月7日