安全祈願

妊娠5ヶ月目の戌の日に神社にお参りして安産を祈願し、帯祝いと称して妊婦の腹に木綿の腹帯(岩田帯)を巻きます。これは犬は多産、この世と来世を往復する動物、よく吠えて家を守る、邪気を祓う意味からと言われています。腹帯には胎児を保護する他、胎児の霊魂を安定させるなどの意味もあると言われています。

産 湯

生後3日目に浴びせる湯のことを産湯と言います。産湯とは産土さまが守る土地の水のことで、産湯で子供の身体を清め、発育を願います。この湯に塩や酒を入れると風邪をひかないとも言われています。

お七夜

七日目のお七夜には、子供の命名をして親類や隣近所の方などを招いてお祝いの席が設けられます。この際に名前を書いた紙を神棚や床の間に貼り、家の神様に家族の一員としてお守り戴くようお願いをします。昔は子供が誕生しても、必ずしも無事に育つとは限らなかったため、七日目を大事な節目としてお祝いをしたのが始まりです。

初宮参り

子供が初めて神社にお参りする初宮参りは、氏神さまに誕生の奉告と御礼をし、氏子として今後の健やかな成長を神さまに見守ってもらうようにと祈願するものです。一般的に男子は31日目、女子は33日目に行われていますが、地域によって異なることもあります。子供の体調や天候などにも気を使い、一般的にはこれらの期日の前後で、最良の日を選んでお参りをします。

お食い初め

生後百日を過ぎると、食べ物に一生困らないようにとの願いから、お膳を用意し食べる真似をする儀式を行います。百日目のお祝いをすることから百日(ももか)の祝いとも呼ばれます。お膳には赤飯や鯛などを載せ、地域によっては歯が丈夫であることを祈り、お膳に小石を一緒に載せるところもあります。

七五三

七五三は、三才の髪置(かみおき)、五才の袴着(はかまぎ)、七才の帯解(おびとき)に由来すると言われています。髪置は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。袴着は男児がはじめて袴を着ける儀式で、帯解は女児がそれまでの幼児用の付紐をやめ、大人の帯を締める儀式です。

厄年

厄年の年齢は、体力的、家庭環境、或は対社会的に転機を迎へる時でもあり、災いが起こりやすい時期として忌み慎まれてきました。その年は災いから身を護るため、神社に参詣して、災いを祓う厄祓いが行われます。厄年は多少異なるところもありますが、男性が25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・37歳とされ、この年齢の前後を前厄・後厄と言います。中でも男性の42歳と女性の33歳は大厄と言われ、特に意識しなければならないとされてます。

歳祝

| 還暦 かんれき 61歳
十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の組み合せが60年で一巡することから、数え年の61歳は、古来おめでたい年周りと考えられてきました。自分が生まれた年の干支えとに戻ることから「赤ちゃんに還る」という意味に重ねられ、赤を基調にお祝いする習わしがあります。ゆかりの色(赤)


| 古稀 こき 70歳
古稀は、中国唐代の詩人・杜甫の漢詩の一節「人生七十年古来稀なり」に由来するといわれています。聖徳太子の定めた冠位十二階の最上位の色が紫であったことから、紫は一般的に高貴な色とされるようになり、やがて長寿のお祝いに用いられることが多くなったようです。ゆかりの色(紫・紺)


| 喜寿 きじゅ 77歳
喜という字の草書体は七を三つ並べた字で、七十七に読めることから、この字を当てるといわれています。その起源は、室町時代とも言われ、本来は厄年の一つであったようです。寿には長命という意味もあります。ゆかりの色(紫・黄)


| 傘寿 さんじゅ 80歳
傘を略した俗字が八十と読めることから、この字を当てるといわれています。金茶色(きんちゃいろ)とは、金色がかった明るい茶色で、古代中国の陰陽五行説で土を意味する黄色に通じるものともされ、万物を育成・保護する性質を表すともいわれています。ゆかりの色(金茶色・黄・紫)


| 半寿 はんじゅ 81歳
八、十、一を組み合せた半の字をあてたものといわれています。また、将棋盤のマス目が九×九=八十一であることから、盤寿(ばんじゅ)ともいわれます。ゆかりの色(金茶色・金色・黄)


| 米寿 べいじゅ 88歳
八という字は古来、末広がりで縁起が良いものと考えられてきました。八十八を組み合わせた形である米の字を当てることで、日本人の命の源である米にも直結し、一層おめでたいものと認識されています。米の祝いと言われる場合もあります。ゆかりの色(金茶色・金色・黄)


| 卒寿 そつじゅ 90歳
卒の俗字「卆」が九十と読めることに起因するといわれています。鳩の字の中に九があり、音読みも「きゅう」であることから鳩寿(きゅうじゅ)という場合もあります。ゆかりの色(白)


| 白寿 はくじゅ 99歳
百という字から一を取った文字「白」で、九十九を表現したものといわれています。「百年に一年たらぬ九十九髪我を恋ふらし面影に見ゆ」という和歌が『伊勢物語』にあります。九十九は次百(つぐもも)が転じたもの、また白髪の様子をツクモという水草に重ねたものといわれています。ゆかりの色(白)


| 百寿・紀寿 ももじゅ・きじゅ 100歳
文字通り百寿といわれたり、一世紀を表わす紀に因んで紀寿ともいわれます。百(もも)は数が多いことを表し、その語源はモロモロ(諸々)、モノモノ(物々)等が転じたものといわれています。60歳を下寿(かじゅ)、80歳を中寿(ちゅうじゅ)、百歳を上寿(じょうじゅ)とすることもあります。ゆかりの色(白)


| 茶寿 ちゃじゅ 108歳
合計が百八になる十、十、八十八の組み合せで成り立っている茶の字を当てたものといわれています。ゆかりの色(特になし)


| 皇寿 こうじゅ 111歳
合計が百十一になる「白(九十九)」「一」「十」「一」の組み合せで成り立っている「皇」の字を当てたものといわれています。ゆかりの色(特になし)


| 大還暦 だいかんれき 121歳
二回目の還暦を意味するといわれています。ゆかりの色(特になし)