第二宮・第三宮修復工事の近況

本殿、幄舎(あくしゃ)の屋根葺き替えを終えた銅板が、現在新緑に光輝を放っています。
また木工事においては、神宮古材を用いて加工された本殿鞭懸け(むちかけ)の取り替えや棟持ち柱の根継ぎ、幄舎腰板の取替えなどが施工されております。
今後は瑞垣(みずがき)、鳥居の造作が行われ8月末の竣工となります。

DSCF0192.JPG