勅使館新築工事はじまる

昨年末に解体した勅使館の新築工事がはじまりました。
着工に先だち2月1日、宮司ほか当社職員と共に工事関係者参列のもと
地鎮祭を執り行いました。
請負業者・工事期間については下記の通りでございます。

・設計監理 : 種村強建築設計
・ 施 工   : 溝江建設株式会社
・工事期間 : 平成29年2月~9月(8ヶ月)

工事期間中はご迷惑をお掛け致しますが、
ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

DSCF9494.JPGのサムネイル画像

地鎮祭の様子

DSC01940.JPG
基礎工事中

拝殿前敷石整備工事 完了

DSCF8053.JPG 

DSCF9278.JPG

拝殿前敷石の拡幅工事を行ないました。
経年劣化が著しく、参拝者の皆様に安全に参拝して戴きたく整備の運びとなりました。
新年は、整備を終えた参道にて清々しいお気持ちでお参りをして戴きましたら幸いに存じます。

勅使館解体工事

解体前の勅使館
DSC01875.JPG

解体後の跡地 
DSC01905.JPG

勅使館建替えに伴う解体工事が11月15日から始まり、12月7日に完了した。
解体された勅使館は、昭和46年辺津宮本殿遷座祭に際し勅使のご参向に併せ建設されたものである。
それ以来も貴賓館として使用していたが、近年雨漏りが絶えず設備も老朽化し、建替えが計画された。
新年早々には新築工事が始まる予定である。