辺津宮本殿の塗装工事(木地固め)

・木地を削って、平らにしています。この後、漆を塗り高欄を取り付けます。
縁周り.JPG

・塗装は、紫外線と経年劣化により傷みが激しく、高欄も写真の通り修復中です。
高欄.JPG

辺津宮本・拝殿工事進捗状況

・ 7月には拝殿屋根に鬼瓦、棟瓦が取り付けられました。
 鬼瓦は亀裂の修復、棟瓦は積み直しをしました。
鬼瓦.JPG

・ 本殿屋根はこけら材料作製の為、平葺きは一時中断していましたが
 現在は再開され、9月には葺き終える予定です。
本殿屋根.JPG

・ 本殿塗装工事も、丹塗りの上塗り(写真)、漆下地付、漆喰壁修復と予定通り進んでいます。
DSCF1400.JPG
 




辺津宮本殿屋根も葺き替えはじまる

・本殿屋根の葺き替えも始まりました。

 辺津宮本殿・拝殿は国の重要文化財に指定されていますので

 文化庁並びに福岡県の指導を受けながら工事を進めています。

DSCF0001.JPGのサムネイル画像

 

・拝殿屋根は葺き終わり、あとは棟瓦をのせるだけです。

DSCF0004.JPGのサムネイル画像