工事完了まであと1ヶ月

 昨年9月から始まった、本殿及び拝殿修復工事も大詰めとなり、
12月8日の「遷座祭」、翌日の「奉幣祭」を控え11月末には完了
となります。
 11月中旬頃には覆いが解体され、葺き終えた本殿・拝殿の屋根が
ご覧頂けます。

 ・本殿と拝殿の間にある「渡殿」も修繕しています。
 社頭にてご参拝の皆様に奉納して頂いたさわら板にて葺き上げられました。
S0204040.JPG

・ 本殿屋根に千木、鰹木が取付けられました。
DSCF2732 - コピー.JPG

・箱棟、千木、鰹木は銅板に包まれた後、黒漆が塗られました。
DSCF2791.JPG
 

本殿屋根葺き(こけら葺)完了

・本殿屋根は葺き終わり、現在箱棟の取り付け作業中です。
 箱棟は銅版を施し、黒漆を塗ります。
DSCF2221.JPGのサムネイル画像

・新たに葺き上げられた本殿・拝殿。
DSCF2217.JPG


辺津宮本殿の塗装工事(木地固め)

・木地を削って、平らにしています。この後、漆を塗り高欄を取り付けます。
縁周り.JPG

・塗装は、紫外線と経年劣化により傷みが激しく、高欄も写真の通り修復中です。
高欄.JPG